エアロが付いてると査定は割高?割安?

車を査定する場合、気になるのが、エアロが付いていると査定は割高になるのか、あるいは割安になるのかということです。一般的には、エアロは高価なものなので、割高になる傾向が高いです。中には10万円を超えるのもあって、売るときにエアロが付いていれば、割高になる可能性が高いです。

 

しかし、単純にエアロがあるかないかで判断するのは難しく、一概には言えません。なぜなら、エアロが付いている車の場合、割高になるか割安になるかは、車の種類によって変わってくるからです。割高になる車は、スポーツタイプにほぼ限定されます。また、『純正装着品のエアロは割高になりますが、社外品のエアロの場合、どうしても割安になってしまいます。』

 

エアロが付いてると割高になるのか割安になるのかは、車の車種と純正かそうでないかによって大きく変わってくるということです。また、ハゲや割れ、キズなどがあるエアロの場合、当然、査定時、割安になってしまいます。

 

他のパーツと同じで、パーツが割れていたり、程度の悪いエアロの場合、それが純正であっても、割安査定になります。