車売却の時契約書は発行されるの?

車売却の時、大切なのが契約書で、基本的には必ず発行されます。車売却の時、契約書が発行されないようであれば、その業者は信用できません。発行しないような業者はほとんどありませんが、中にはそうした業者も存在します。もし、契約書を発行しない業者と契約を締結したとなると、後でトラブルに発展する可能性が高いです。

 

契約書というのは、車を売却する上で非常に重要で欠かせません!

 

車売却の時には、契約書が発行されるのが普通で、書類に必要事項を記入して、署名捺印をして提出します。契約書を発行しない業者と車売却の契約をすると、お金が振り込まれないことがよくあり、持ち逃げするパターンがあるので気をつけなければなりません。

 

車売却の時は、契約書を発行してもらうのは当たり前という考えで望まなければなりません。また、契約書の中身が大事なので、きちんと目を通し、契約金額、支払い日、約款などをきちんと確認した上で署名することも忘れてはいけません。車は高額な買物になるので、口頭で契約することはあり得ません。

 

失敗して大きな損失を招かないよう、車売却の時は必ず契約書を発行してもらいましょう。