新古車と中古車の違いは?

新古車と中古車の違いはどこにあるのでしょうか?

 

登録済の未使用車が新古車になります。新車は未登録の未使用車になるので、登録したかしないかの違いになります。新古車は既に出来上がった車なので、装備は後付可能です。端的に言うと、新古車はマージン獲得のためのもので、適当なグレードや装備の新車を購入して登録しておきます。

 

マージン獲得のための仕入れのようなものなので、『車の登録はしてあっても誰も乗らない未使用車となり、新古車となる』のです。一度ユーザーに販売された車は、いくら走行距離が少ない車でも、再び売られる場合、中古車になります。

 

ディーラーがノルマを達成のために自社で登録した車や、搬送中に傷をつけてしまった車、あるいはショールームで展示していた車については、新車として販売することはできません。そうした車は通常、中古車として販売されるわけですが、便宜上、新古車として流通します。

 

中でも圧倒的に多いのが、ディーラーの自社登録によって生まれる新古車です。新古車と一口に言っても、『既に登録されている新古車と、未登録の新古車があります。』